【ともに生きる会】セクハラ、わいせつ、児童ポルノなど多くの性暴力がはびこる日本社会で
「性教育を教えてあげる」と16歳少女に迫るおぞましさ、障がい者への性暴力の実態


セクハラ、わいせつ、児童ポルノなど多くの性暴力がはびこる日本社会で、これまで見過ごされてきた性暴力がある。障がい者へのそれだ。

 障がい者の性暴力被害について研究を続けている東洋大学の岩田千亜紀助教は、

「障がいを持った人たちが性暴力に遭っている統計はまったくなかった状況でした。障がいがある人は性被害に遭うことはないと思われていた」

 と勝手な思い込みの存在を示したうえで、

「一般的に性被害の場合、明らかに加害者のほうが悪いのに“あなたにも落ち度があったんでしょ”と言われてしまう。公にされたくない、恥ずかしいなどといった背景もあり、声を上げにくいんです。障がいのある人も同じです」

 と指摘する。

発達障がいの人たちはだまされやすい
 岩田氏は性暴力撲滅を啓発するNPO法人『しあわせなみだ』とともに『大人の発達障害当事者のためのピアサポートNecco』(東京都新宿区)の協力のもと今年3月、発達障がい者への性暴力調査を実施した。

「望まない人に性的な部分を触られる」「望まない人にキスされる」などという性暴力を、32人中23人が経験していたこと、そのうち11人は複数の性暴力を経験していたことが明らかになった。

 Neccoの金子麿矢子さんは、

「発達障がいの人たちはまじめで疑うことを知らない人が多いため、だまされやすいんです。もともと自己肯定感が低い傾向があるので、被害に遭っても“私が悪かった”と泣き寝入りする人が少なくない」

シェア元タイトル
「性教育を教えてあげる」と16歳少女に迫るおぞましさ、障がい者への性暴力の実態
シェア画像動画URL
https://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/0/0/620/img_003fad3c87b3a97731df3e415e62b3ca426286.jpg
シェアURL
https://www.jprime.jp/articles/-/13794
埋め込みリンク



【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/