【 2020年は新型コロナウイルス。 】1918年「スペイン風邪」大流行から100年 次の大感染の危険は
大感染は周期的に起こるものなんですね


人間の次は食用動物が...そして作物。天災含めて世界で30万人が死ぬ計算。2030年環境は産業含めて大きく変わる。

100年前の今週、いわゆる「スペイン風邪」と呼ばれた悪性インフルエンザの大流行につながる症状が初めて記録された。

第1次世界大戦の終わりにかけて発生した大感染は、感染症による死者数としては14世紀のペスト蔓延(まんえん)以来で、当時の人類の3割が感染した。

同じような規模の大感染は今後もあり得ると考える研究者もいる。医療や通信技術が100年前に比べて格段に進歩した現代社会は、その一方で移動手段の発達で100年前より狭い世界になっている。



【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html



シェア元タイトル
1918年インフルエンザ大流行から100年 次の大感染の危険は
シェア画像動画URL
https://youtu.be/25ObqdPeZIE
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/