【ともに生きる会】だれかが風の中で 木枯し紋次郎
どこにも故郷は無い、泣く奴は誰だ!この上何が欲しいっ!!て所で毎回泣いてしまう


死ぬ事だけを生きがいにして歩き続けた紋次郎。最後は自分を助けてくれた姉の元へ行けたのだろうか。
時代劇でレギュラーは中村敦夫さん一人、毎週放送では今ではコストがかかってリメイクできないでしょうね。第一時代劇にあった役者さんがいない。素晴らしい作品でした。
紋次郎と言えば殺陣
逃げる、斬る、逃げる
決してカッコ良くは見えないけど
まさに腕と度胸の渡世人って感じ。



【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
だれかが風の中で 木枯し紋次郎
シェア画像動画URL
https://youtu.be/HPo5yTbpcKs
シェアURL
埋め込みリンク



【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/