【ちょうどええわ 国産には勝てんところをアピールできるぞ 】感染拡大でラーメン店ピンチ 中国産食材が入手困難
にんにくだけじゃないでしょメンマや海苔、乾燥ワカメも業務用の外食産業はほとんど中国産を使う


にんにくだけじゃないでしょ
メンマや海苔、乾燥ワカメも業務用の外食産業はほとんど中国産を使う
たけのこ、フキ、レンコン、里芋、枝豆、かぼちゃなど皮むき加工済、冷凍物はほとんど。
衣料品や家電、靴なども製造業が稼働できないものは出荷が遅れるし、物流貨物も日本に入ってくるのは見通し立たなくなってきそう
新型コロナウイルスの感染拡大で、ラーメンもピンチです。「あの味」が変わってしまうかもしれません。

 アツアツのみそラーメン。スープに欠かせないのがニンニクです。しかし今、このニンニクがピンチだというのです。
 ごっつ・加藤靖彦社長:「味噌に入れたりスープに入れるのは(ニンニクの)粒のものを粗めに使っていたが、それが全く入らない状態で・・・」
 中国産のニンニクを使っているこの店。しかし、新型コロナウイルスの影響でニンニクが入ってこなくなったというのです。その代わりとして、すりおろしのニンニクを使っています。
 ごっつ・加藤靖彦社長:「スープやら何やらすべてこれ(すりおろしニンニク)で代用している。(味は)結果的に大きく変わらないが、水っぽくなってしまうところがある。粒(のニンニク)に戻したいと思っています」
 この店では他にもタマネギなど中国産のものを使っています。来月から食材の仕入れ価格が2倍近くになるとされ、店側は頭を悩ませています。
 ごっつ・加藤靖彦社長:「お客に不足材料で値段を上げるとか一切しないように頑張りたい」
 実は、日本が輸入するニンニクの約9割が中国産です。茨城県にあるニンニクを輸入する会社を訪ねると、中国産ニンニクが入った段ボールが積まれていました。これでも普段より少ないといいます。特に影響を受けているのは、中国の工場で皮をむいた加工ニンニクです。
 清水物産ホールディングス・何由光貿易事業部長:「中国、今、全域稼働再開できているメーカーが少なく、やはり生産、今、追い付かない状況ですね」
 現在在庫は確保しているものの、現場の作業員が足りないことなどから見通しが立っていないということです。
 

【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
感染拡大でラーメン店ピンチ 中国産食材が入手困難(20/02/21)
シェア画像動画URL
https://youtu.be/vl0E0UdT_w4
シェアURL
埋め込みリンク



【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/