【日本のメディアが偏った報道しかしないが正解 】
ゴーン被告 日本メディアに“取材対応”


こういう時だけメディア面するマスコミに草。
普段いい加減な報道してるから締め出されるんだよ。
8日にほとんどの日本メディアを排除する形で会見を行ったカルロス・ゴーン被告(65)が
日本時間10日午後7時から、日本メディアのインタビューを受けた。
ただ、このインタビューも大手出版社『小学館』とNHKの記者のみが出席する形で行われ、
民放各局の質問は、事前にゴーン被告のPR会社に提出し、担当者が読み上げた。
ゴーン被告は「(8日の)会見では日本政府の関与について話さなかった。
日本とレバノンの関係を悪化させたくなかった。だが、私には証拠も事実もある。
証人にも出てきてほしい。『日産、検察、政府の一部が手を組んで私を逮捕させた』と証言してほしい」と語った。
逃亡理由について「日本で公正な裁判はまず不可能だろう。
そう思ったからレバノンにいる。フランスであれ、ブラジルであれ、
公正な裁判が受けられるならどこでもよかった」と述べたが、
逃亡方法の詳細は明らかにしなかった。

【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
【報ステ】ゴーン被告 日本メディアに“取材対応”(20/01/10)
シェア画像動画URL
https://youtu.be/22hV4RR62ug
シェアURL
埋め込みリンク



【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/