【ともに生きる会】懐かしい「まんが日本昔ばなし」「壱岐のあまんしゃぐめ」
あまんじゃくは人間が楽して暮らしているのが気に食わない。


昔、国中は毎日暖かく、米、麦、あわ、ひえ、大豆、きびなどは根元から穂先までびっしりと実り、
にわとりは毎日10個も卵を産み、魚は一年に何度も産卵するので、
人間はろくに働かずとも食うに困ることはなかった。

だから寄ると触ると宴会ばかりしていた。
食べ物もちょっと食べるとすぐ捨ててしまっていた
(その時歌っていたのが「一生~八月、常月(毎夜満月)よ~、
こうなの汁(酒)に米のめし~」 という歌です)。しかしこれを快く思わない者がいた。

それは天に住むあまんじゃく(小鬼)である。
あまんじゃくは人間が楽して暮らしているのが気に食わない。
そこであまんじゃくは人間を苦しめようと天空を駆け巡り、
まず太陽をずっと遠くに離し、いつも暖かかった国に雪を降らせ、冬という季節を作った。

月の満ち欠けも作り、真っ暗な夜も作った。次は地上に降り、
人間の作物を荒らし、稲や麦は実のなるのを穂先だけにした。
次に大豆をしごこうと思ったが、大豆は穂先が針のように尖っているので諦めた。
だから大豆は今でも根元からびっしりと実がなるのだ。

最後にきびをしごいたが、きびの歯が細くので手を切ってしまい、
あまんじゃくの血がきびの根元を赤く染めた。だからきびの根元は赤いのだという。
あまんじゃくは海へ走り、血だらけの手を洗った。
すると海の上では人間達が酒盛りをしている。

その頃の舟はこがずに舟底をたたくだけで進んだ。
それを見たあまんじゃくは海に潜り、舟底にへばりつくとまじないをかけ、
舟底を叩いても動かないようにしてしまった。


http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=691


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
【ささら】まんが日本昔ばなし「壱岐のあまんしゃぐめ」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/kXdusWE--es
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/