【ともに生きる会】懐かしい「まんが日本昔ばなし」「そば屋にむこ入りした雷」
ある日のこと、にわかに雲行きがあやしくなり、やがて雷とともに大雨が降り始めた。娘は雷が怖かったので、


昔々、ある山の峠に1人のきれいな娘が住んでいた。
この娘、身寄りがなく、たった1人で峠のそば屋を営んでいた。

ある日のこと、にわかに雲行きがあやしくなり、
やがて雷とともに大雨が降り始めた。娘は雷が怖かったので、
戸締りをして家の中で小さくなっていた。すると、何と空から雷様が落ちて来たのだ。
雷様は、そば屋の暖簾を見てそばが食べたくなったので、
そば屋の戸を叩いた。娘は雷様を見て驚いたが、
そばを出さないと自分が食べられてしまうと思ったので、雷様にそばを出すことにした。

雷様はそばを食べ終わると、娘が1人ぼっちなのを見て、
おっとうやおっかあは居ないのかと尋ねる。
すると、娘はここに1人で住んでいると言うのだった。
娘のことを不憫に思った雷様は、何と自分を婿にしてほしいと頼んだ。
娘は恐ろしさのあまり、この話を承知してしまった。

こうして、雷様はそば屋に婿入りしてそばを打つようになった。
この話はたちまち村中に広まり、雷様の打つそばを食べようと、
あっちの村こっちの村からと客が押し寄せたので、店はたいそう繁盛した。

ところで、この噂を聞きつけたお月様、
自分も一度雷様の打つそばを食べてみようというので、
ある夜そば屋に降りて来た。雷様の打つそばがおいしかったとみえて、
お月様はそば3杯をたいらげ、30文を払うとまた夜空に帰って行った。

さて、この話はお日様の耳にも届き、今度はお日様がそばを食べに降りて来た。
お日様はそばをおいしそうに食べ、次々におかわりをする。
そして食べに食べて30杯、そばが無くなったところで、代金1文を置いて空に帰ろうとする。

1文はいくらなんでもひどいので雷様が呼び止めると、
「お月様は、いくら置いていった?」とお日様は尋ねる。
雷様が30文ですと答えると、お日様は「月に30文なら、日に1文でねえか?」と答えた。
雷様はしばらく考え、「そうか、ひと月は30日だから、
お月様が30文ならお日様は1文でいいんだ!!毎度ありい!!」と納得してしまう。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=308


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします


@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
まんが日本昔ばなし「そば屋にむこ入りした雷」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/nvvP8UF9YgY
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/