【ともに生きる会】懐かしい「まんが日本昔ばなし」「孝行娘」
その話が終わると雨は止み、夕陽が輝いていた。ヤヨイは急いで家に帰ると、


薩摩・大隅の民話(未来社,1960年08月25日)に、
同タイトル名のお話があり「このお話かもしれない」ということであらすじを書いてみます。

あるところに、お婆さんとヤヨイという娘がいた。
家が貧しいため、一里先の隣村に奉公にいっていた。
気立てのよいヤヨイは夕飯を食べると必ず一膳は残し、
夜になると一里先の家に帰り、お婆さんに食べさせ、朝になると戻って働いた。

ヤヨイの奉公も後三日で終わる日の夕方のこと、いつものように家に帰ろうとすると、
村はずれの峠で、突然の大雨になった。ヤヨイは慌てて、
道端の大きなセンダンの木の下に駆け込んで、雨が上がるのを待った。
その時、センダンから声が聞こえてきた。

「俺は後三日したら、殿様の船材として伐り倒される。船はできてもびくともせず、
船下ろしはできないだろう。殿様は船を動かした者に褒美を取らせると言うだろうから、
お前は進み出て、船の艫に立ち、ヤーヨイドッコイセーと言え。それで動くようになる」

その話が終わると雨は止み、夕陽が輝いていた。ヤヨイは急いで家に帰ると、
お婆さんにご飯を食べさせ、いつものように朝には奉公先に戻った。
それから間もなく奉公が明けて帰路に着くと、
峠の大きなセンダンの木が伐り倒されるところだった。
やはり、あれは神様のお告げだったんだと、ヤヨイは思った。

それから三ヶ月が経った頃のこと、いよいよ船下ろしの日がやって来た。
朝から見物人が押し掛け、その様子を見守ったが、船は一向に動こうとしない。
どうしたんだ、おかしいぞと騒ぎ始め、船大工も調べてみるが、
どこにもおかしなところはない。すると殿様が立ち上がり、
船を動かした者には褒美を取らせるとお触れを出した。

誰もが顔を見合せてざわめくだけだったが、その時、人ごみの中からヤヨイが進み出て言った。
「私が下ろしてみせましょう」
「いいとも、下ろす見込みがあるならやってみろ」
ヤヨイは船の艫に立つと、ヤーヨイドッコイセーと言った。
すると、船は音を立てて滑り出し、やがて海の上に浮かんだ。
これには皆が驚いたが、ヤヨイは神様のお力ですと答えた。
さて、殿様は大層よろこび、褒美は

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=268


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
まんが日本昔ばなし「孝行娘」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/A5mEdq9oOX0
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/