【ともに生きる会】良い子の「まんが日本昔ばなし」「船幽霊」
静かになった沖に残された漁師の船では、親方の気でも狂ったのか「柄杓が欲しい…、柄杓が欲しい…」と口走っていました。


昔、ある漁師町では、お盆の日に「迎え火」を焚いて
死んだ人の霊をお迎えするならわしがありました。
またこの日は、海で死んだ人の霊が船幽霊になって船を沈めるので、
決して漁に出てはいけないと言われていました。

ところがある時、たいへん威勢のいい漁師の親方が、村の老人たちが止めるのも聞かず、
漁師たちと船をこぎ出しました。沖に出ると面白いように魚が取れ、
親方はご機嫌で船の漁師たちにどんどん魚を捕らせました。

そのうち、雲行きがあやしくなり水平線の向こうから不気味な船が近づいてきました。
不気味な船からは青白い火の玉がふわふわと舞い飛び、
やがて「柄杓をくれえ~、柄杓をくれぇ~」と、いっせいに漁師の船に押し寄せてきました。

その時、浜では不思議な事がおこっていました。
浜で焚いていた迎え火が次々に消え、夜空で赤い炎となって沖へ飛んでいきました。
炎の群れは、漁師たちの船のそばまでやってきて
「海で死んでいった仲間じゃないか、悪さをせずに消えてくれ」と、船幽霊たちに話しかけました。

すると、船幽霊たちは赤い炎の言葉を聞き入れたのか、一つ一つ消えていきました。
不気味な船が立ち去ったのを見届けた赤い炎の群れも、浜へ引き返していきました。
静かになった沖に残された漁師の船では、
親方の気でも狂ったのか「柄杓が欲しい…、柄杓が欲しい…」と口走っていました。



http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=75


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
まんが日本昔ばなし「船幽霊」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/Jw5pGj-5mDs
シェアURL
埋め込みリンク



【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/