【ともに生きる会】良い子の「まんが日本昔ばなし「大蔵と天狗どん」
八天岳の天狗どんに子供ができるように毎日お願いしておったそうな。


昔、長崎の八天岳(はってんだけ)の麓に百姓夫婦が住んでおって、
八天岳の天狗どんに子供ができるように毎日お願いしておったそうな。
するとある晩、おかかは八天岳の天狗どんが腹に飛び込んだ夢を見て、
元気な男の子を産んだそうじゃ。この子は大蔵と名付けられ、親孝行で気の優しい、
大変な力もちになった。

そんなある日、大蔵が芝を刈りに八天岳に出かけると、
大岩の上から天狗どんが呼びかけて来たそうじゃ。
それから毎日、大蔵は天狗どんと相撲をとるようになり、近在で一番相撲が強くなった。
そうして大蔵が江戸に上ることになった時、天狗どんは大蔵に天狗の力を授け、
人情に負けてわざと相手に負けるとその力はなくなってしまうと忠告したそうじゃ。

こうして江戸で相撲取りとなった大蔵は、
投げ技が速いことから「稲妻」という四股名(しこな)をもらい、
毎日素晴らしい取り口で勝ち続けた。
そうして明日は千秋楽という日の夜、龍ヶ岳という黒星続きの相撲取りが大蔵を訪ねてきた。
龍ヶ岳は「明日、田舎から両親が相撲を見にやってくる。
どうか明日は自分を勝たせてくれ。」と大蔵に頼んだそうな。
大蔵は龍ヶ岳の頼みを一旦は撥ねつけた。

じゃが翌日、稲妻大蔵と龍ヶ岳の取り組みが始まると、
大蔵の目に龍ヶ岳の年老いた両親が必死になって息子を応援する姿が映った。
大蔵は思わず体の力を抜き、龍ヶ岳に負けてしもうたそうじゃ。

こうして情けに負けた大蔵は、それから天狗どんが言うたとおり力が入らなくなり、
とうとう相撲を辞めて長崎へ帰ることになった。
じゃが、あの時、涙を流して喜んだ龍ヶ岳の両親のことを思い出すと、
これで良かったのだと、大蔵はまた気持が晴れ晴れとしてくるのじゃった。

その後大蔵は、また昔のように両親を助けて百姓仕事に精を出したそうな。
そうして、天狗どんからもらった神通力がなくなっても、
まだまだ何をやっても普通の人よりずうっと力が強かったそうじゃよ。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=1342


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
まんが日本昔ばなし「大蔵と天狗どん」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/UANZLidGwUI
シェアURL
埋め込みリンク



【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/