【ともに生きる会】良い子の「まんが日本昔ばなし」「大沼池の黒竜」
昔、信州中野鴨ヶ岳(かもがたけ)の麓に小館城(こたてじょう)という城があり、


悲恋の果てに人間と添い遂げた竜の話
昔、信州中野鴨ヶ岳(かもがたけ)の麓に小館城(こたてじょう)という城があり、
城主の高梨摂津守政盛(たかなしせっつのかみまさもり)には黒姫という美しい姫君がいた。

ある春の日の事、政盛達が花見の宴の最中に一匹の白い蛇が現われ、
上機嫌の政盛は黒姫に蛇にも酌をしてやるよう勧めた。
黒姫が盃を蛇の前に差し出すと蛇は酒を飲み、しばらく黒姫を見つめた後去っていった。

その夜、黒姫の所に一人の立派な若者が訪れ、黒姫に自分の妻になって欲しいと言う。
若者の言葉に黒姫は戸惑い、まずは政盛から許しをもらうよう答えると、
若者は自分が来た印として鏡を置き消えていった。

若者は大沼池の主の黒竜であり、昼間の宴で黒姫に盃をもらって以来
黒姫の事が忘れられなくなったのである。黒姫をさらうのは道理に反するため、
若者は毎日城に通いつめ政盛に同じ願いを繰り返したが、
政盛も大事な娘を竜の化身に渡すわけにはいかず、若者の申し出を断り続けた。

そして若者が訪れてから100日が経ち、政盛は明日馬で城の周りを21回走り、
その後を遅れずについてくる事ができれば黒姫をやると若者に約束した。
翌日、政盛が馬に乗り城の周りを走り始めると若者も自らの足で後を追い始めたが、
若者はやがて疲れ出し黒竜の姿に戻ってしまう。

途中家来達に邪魔されながらも黒竜は死に物狂いで21回走り終えたが、
政盛は約束を破り黒竜を切り殺そうとする。この仕打ちに黒竜は激怒し、
怨みの言葉を吐くと傷付いた体で鴨ヶ岳の頂上へと昇っていった。

その途端、辺り一面は大嵐に見舞われ、激しい風雨と洪水が罪も無い村人達を襲った。
心優しい黒姫はこれを見て、約束を守るのでどうか嵐を鎮めて欲しいと黒竜に呼びかけ、
黒竜の鏡を空に投げた。すると黒雲の中から黒竜が現れ、
黒姫を背に乗せると大沼池を捨て新しい山へと向かい飛んでいった。

こうして黒竜と黒姫は新しい山に一緒に住む事になり、
それ以来この山は「黒姫山」と呼ばれ、
今も山頂には黒竜と黒姫が幸せに暮らしているという。


http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=57


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
まんが日本昔ばなし「大沼池の黒竜」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/6zmmSMcZzIE
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/