【ともに生きる会】まんが日本昔ばなし「むりどん」
“むりどん”とはこの地方で雨漏りをさす言葉だったのだ。


むかし、埼玉のある村のはずれに、杉の木の皮で屋根を葺いた古い一軒屋があった。
その家には、おじいさんとおばあさんが二人きりで住んでいた。

ある日のこと、山から腹を空かせた狼が一匹下りてきた。
狼は川で洗濯しているおばあさんを見ると、おばあさんに狙いを付けた。
狼は、おばあさんを食べようと畑まで後をつけるも、
近くにはいつも鎌を持ったおじいさんがいるので、おばあさんを襲うことが出来ない。
仕方なく狼は二人に先回りして家に戻り、家の縁の下で様子をうかがうことにした。

さて、二人が野良仕事から帰って来ると、家の周りに狼の足跡がある。
これを見たおじいさんは、「大変だ狼が家の周りにいる。」とおばあさんに言う。
しかし、おばあさんは家には鍬や鎌がある。
家に入って来たら鍬や鎌で追っ払えばいいので心配ないと言う。
更にあばあさんが言うには、こんな雲行きの日には“むりどん”が来そうだ。
むりどんは狼よりもおっかないと言うのだ。

これを縁の下で聞いていた狼は、色々な動物を思い浮かべるが、
“むりどん”などと言う動物は思い当たらない。
二人が言うには、むりどんは戸締りをしても、どこからでも入って来るのでかなわないそうだ。
これを聞いた狼はいよいよ怖くなり、“むりどん”とは化け物の類に違いないと思うのだった。

むりどんが恐ろしい狼であったが、もしむりどんが来なければ二人が寝静まった後、
二人とも食べてしまうことが出来るので、怖いのを我慢してもう少し様子を見ることにした。

そうこうしている内に、雲行きがあやしくなり雷が鳴り出した。
とうとう雨が降り出し、家の中では「むりどんが来た!!」と言って大騒ぎになった。
おじいさんとおばあさんは慌てていたので水がめを倒してしまい、
水が縁の下にいた狼にかかった。すると狼はむりどんに襲われたと勘違いして、
大慌てで縁の下を飛び出し、腹を空かせたまま山に帰っていってしまった。

家の中はそこらじゅうで雨漏りしていて、
雨漏りがするところの下には皿や茶碗が置かれ、落ちてくる雨しずくを受けていた。
“むりどん”とはこの地方で雨漏りをさす言葉だったのだ。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=1239


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
【ささら】まんが日本昔ばなし「むりどん」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/pRYviHyTPCM
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/