【ともに生きる会】【ささら】まんが日本昔ばなし「猿地蔵」
欲をかいて人の真似をして、罰があたったのでしょう。


むかしむかし、山の中に貧しい村があって、
村人達は山の畑で蕎麦や粟を作って暮らしておりました。

そうしてこの村に住む働き者の爺様の蕎麦畑が、近頃猿に荒らされるのでした。
爺様は困って考えた末、蕎麦の粉を体中に塗って畑の傍に座り、
お地蔵様のふりをして猿を捕まえることにしました。

次の日、爺様がお地蔵様のふりをしていると猿が現れました。
猿達は、爺様を本物のお地蔵様だと思いこみ、爺様を担いで山のお堂に運び始めました。
爺様がお地蔵様のふりを続けていると、猿達は爺様を担いだまま
「猿のおケツは濡らすども、地蔵のおケツは濡らすでねえ♪」と歌いながら川を渡りました。
爺様はこの歌が可笑しくて、笑い出しそうになるのを必死で我慢しました。

やがて猿達は爺様のお地蔵様を山のお堂に運びこむと、
小判のお賽銭を投げ込んで拝みました。そうしてあっという間にいなくなってしまいました。

日暮頃、爺様は小判を持って家へ帰り、今日あったことを婆様に話して聞かせました。
そうして、ちょうど訪ねてきた隣の欲張り婆さんにも、同じ話を聞かせました。
それを聞いた欲張り婆さんは、夫の欲張り爺さんと一緒に先ほどの話を真似して、
小判を手に入れようと考えたのでした。

次の日、欲張り爺さんは蕎麦粉を被り、お地蔵様のふりをして山の畑に座りました。
すると猿達が現れて、昨日と同じように欲張り爺さんを山のお堂へ運び始めました。
ところが、隣の爺さんは川を渡る時に猿達の歌を聞いて、大声で笑ってしまったのです。
「なんじゃ、この地蔵。偽物じゃ!」と、猿達は怒って欲張り爺さんを引っ掻き、
川の中に放りだしてしまいました。

日暮頃、欲張り爺さんは家に帰ってきました。
欲張り婆さんは、爺さんが小判を一杯持って帰って来たと思って喜んで出迎えましたが、
爺さんは何も持たず体中傷だらけで泣きながら帰って来たのでした。
欲をかいて人の真似をして、罰があたったのでしょう。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=1221


@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
【ささら】まんが日本昔ばなし「猿地蔵」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/UfIITADBX5M
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/