【ともに生きる会】まんが日本昔ばなし「辰子姫物語」
村にいる辰子の母のもとには、湖から魚が届けられるようになった。これは、辰子が


昔、院内(いんない)の里に辰子という一人の娘がいた。
辰子は野山を駆け巡り、自然にはぐくまれて育ち、
やがて美しい娘になった。しかしそんな辰子は、まだ自分の美しさに気づいていなかった。

ある秋の日、辰子が木の実を取りに山に入ると、
茂みの中に鏡のように澄んだ泉を見つけた。辰子は泉の水でのどを潤すと、
何気なく水面に目を落とした。辰子はこの時、
初めて自分の姿を見て、その美しさに気がついたのだ。

それからというもの、自由奔放に野山を駆け回っていた以前の辰子は影を潜め、
辰子はじっと物思いに沈むようになった。自分の美しさに気づいた辰子は、
年を取ってその美しさを失うのが耐えられなかったのだ。
「いつまでも美しいままでいたい。」辰子の想いは募るばかり。
思いあまった辰子は、毎晩観音堂に通い願掛けをするようになった。
すると百日目の夜、辰子にお告げが下った。

お告げはこうだった。「辰子よ、お前の願いは本来、
人の身には許されぬこと。しかし、美しさにとらわれて苦しむお前の姿は哀れだ。
この山の北にある湖の水を飲むがよい。その水を飲めば永劫の若さを手に入れるだろう。」

翌日、辰子はお告げの通り、山を北へ北へと進んだ。
すると、山の鳥、木々のざわめき、
果ては風までもが「辰子、村へ帰れ、北へ行くな!!」と言って
辰子の行く手を阻む。だが、辰子はこれを聞かず、なおも北へと進む。
そうして三日目に、辰子はとうとう湖に着いた。

辰子が湖の水を飲むと、全身の血が熱くなり、体を逆さに流れるようであった。
そしてしばらくすると、辰子の体は一頭の龍に変わっていた。
しかし、湖面に映る辰子の姿は、いつまでも美しい娘の姿のまま。
こうして辰子は、永遠の若さを手に入れ、ずっとこの湖に住んだ。

それからというもの、村にいる辰子の母のもとには、
湖から魚が届けられるようになった。
これは、辰子が元気に暮らしている証に送ってくるのだと言われている。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/search/index.php?query=%E8%BE%B0%E5%AD%90%E5%A7%AB%E7%89%A9%E8%AA%9E&action=results&showcontext=1&mids%5B%5D=41

@nmb_youtubest さんをご紹介します。

youtubeが大好きでいつもタブレット片手に見ている私です
見ているだけじゃなくて、大好きな「日本昔ばなし」の
感想や思い出などを皆さんと一緒に話したいと思って
チャンネル作りました

ささらの日本昔ばなし;
https://youtube.com/channel/UCYYMjfa9JiB5NH-5t2nQpJQ?sub_confirmation=1

細々とやってるチャンネルですが
沢山の方の感想や思い出を聞かせて頂きたいので
お友達にも沢山紹介してくださいね♥

これはお願いなんですが
いい感じの「日本昔ばなし」があったら教えてください
あとTwitter初心者なのでフォローしてくださる方がいたら
紹介もお願いします

@nmb_youtubest


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
【ささら】まんが日本昔ばなし「辰子姫物語」(HD)高画質
シェア画像動画URL
https://youtu.be/YmoNXW0VFqg
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/