【ともに生きる会】視覚障害者の暮らし--食事の工夫編【ftcj フィリピン盲学校支援事業】
料理などの家事、メイクなど身の回りのことは基本単独で行っています。


社会的マイノリティと呼ばれる人々の視点を体験することを通して、
すべての人にとって参加しやすい社会とはどのようなものかを実例を交えて考える
機会を提供します。弱者を助けるというような一時的な対処法ではなく、
社会そのものをすべての人にとって暮らしやすく変えていくため何ができるか、
ワークショップを通して具体的な行動を考えます。

スピーカーの石田由香理自身が全盲であることから、
共生社会について具体的エピソードを交えて考えたり、
障害者になぜ教育が必要なのか、教育を受けられないと障害者の人生はどうなってしまうのかという
事例をもとに途上国における障害者事情を話すような講演も行っております。

地方へも交通費をお出しいただければ何処でもお伺いします!

【スピーカー:共生社会推進活動担当 石田由香理】
1989年生まれ。1歳3か月の時から全盲で、高校まで盲学校に通う。
大学生時代にフィリピンへのスタディーツアーをきっかけに
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンと出会う。イギリスの大学院にて教育開発の修士号取得後、
フィリピン駐在のNGO職員として勤務後、
現在はNPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンにてフィリピン支援事業と
共生社会推進活動担当者として勤務。著書:<できること〉の見つけ方(岩波ジュニア新書)


【日替り弁当のご注文お待ちしております】

障害者と父母および職員で清潔に安全なお弁当を、
手作りで、真心をこめて作っております。

日替り弁当 520円

埼玉県さいたま市南区辻3-9-26の周辺、車で1時間以内くらいまでお届けいたします。
平日11時ごろより12時ごろまでにお届けいたします。
前日のお昼までにご注文いただきましたら、お昼までにお届けいたします。
近場1個からでもお届けいたします。
遠方の場合、大量の場合、金額のことなど、お気軽にご相談ください。

下記へお気軽にお電話をしてください。
皆様の善意をお待ちしております!

048-837-5030

ご注文 すみせん ご注文は、前日お昼までにお電話をください。


http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html


シェア元タイトル
視覚障害者の暮らし--食事の工夫編【ftcj フィリピン盲学校支援事業】
シェア画像動画URL
https://youtu.be/Ifo5OOQD8P8
シェアURL
埋め込みリンク


【NPO法人 就労移行支援事業所 ともに生きる会 埼玉県 さいたま市】
埼玉県さいたま市南区辻3-9-26

http://tomonisango.blog.jp/